「季刊日本のうたごえ」

【バックナンバー】 【目次の一覧】 【季刊のお申し込み】



ライン

−最新号− 「季刊日本のうたごえ」NO.175の紹介


ライン
NO.173
最新号
季刊日本のうたごえ175号

  • 国民的支持を得る文化のベース
    やさしさと笑い、平和主義
  • 70年に向かううたごえ運動の原点を探る
  • うた新まつり 北海道・千葉・石川北陸
  • 連載
        石黒真知子(詩人)

        栗山文昭(合唱指揮者)

  • 楽譜紹介
    「町」うたごえ創立70周年記念企画
    愛唱歌ニューアレンジから
    信長貴富編曲
    (山ノ木竹志作詞、たかだりゅうじ作曲)



ライン

1冊515円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン


ライン

−最新号− 「季刊日本のうたごえ」NO.174の紹介


ライン
NO.173
最新号
季刊日本のうたごえ174号

  • 2016年日本のうたごえ祭典inえひめ
    合唱発表会演奏批評座談会、ほか
  • 創刊60周年うたごえ新聞まつり
    池辺晋一郎氏コーディネイト記念トーク
    第8回佐賀(山口果林さん)
    第9回大阪(桂米團治さん)

  • 連載
        石黒真知子(詩人)

  • 楽譜紹介
    「火取虫」田島雄吾 訳詞、高平ゆぐゆき 採譜編曲
     (トム・トゥッ・ソリVersionより)



ライン

1冊515円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン


ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.173の紹介


ライン
NO.173
最新号
季刊日本のうたごえ173号

  • うたごえ運動70年に向けて運動のロマンを具現化する
    3つの読みどころ
    @規約改正について
    Aうたごえ新聞まつり・記念トーク 宮城・兵庫編
    Bセンタープロ韓国プロジェクトを振り返って

  • 連載
        石黒真知子(詩人)

        栗山文昭(合唱指揮者)

  • 楽譜紹介
    「ロンドンデリーの歌」編曲 田中達也



ライン

1冊824円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン


ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.172の紹介


ライン
NO.172
最新号
季刊日本のうたごえ172号

  • 2016年第49回総会特集号
    総会記念講演
    戦争法をめぐって、今情勢はどうなっているのか
        神戸女学院大学教授・石川康宏

    全体討論のまとめ
        渡辺享則
    総会全発言録
  • 連載
        石黒真知子(詩人)

        栗山文昭(合唱指揮者)

  • 楽譜紹介
    「響かせよう!海と空のうた」



ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.171の紹介


ライン


NO.171
最新号
季刊日本のうたごえ171号

  • 日本のうたごえ祭典in愛知
    祭典を終えて
    −日本のうたごえ祭典がつくる力
        舟橋幹雄(祭典運営委員長)

    大音楽会
    −林学はじめ、愛知創造活動の稔り
        小村公次(音楽評論家)
    −太鼓、ダンス、合唱、平和へのエネルギー
        榑松佐一( 愛知県労働組合総連合議長)

    特別音楽会
    −構成力豊かな演奏「炎の歌」
        藤井知昭( 音楽評論家)

  • 創刊60周年記念うたごえ新聞まつり
    池辺晋一郎の「夢」をみてますか
    −文化は歴史と人を創る−
        第5回愛媛 ゲスト 早坂暁さん

  • 連載
        石黒真知子(詩人)

  • 日本のうたごえ祭典in愛知
    合唱発表会演奏批評座談会
    表現したいことが届くために
    選曲と演奏、演奏者の想像・構成力

    各部門の総評・入賞団体・採点表

  • 楽譜紹介
    「並んで歩かなくても」


1冊515円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.170の紹介


ライン


NO.170
季刊日本のうたごえ170号
  • 文化は歴史と人を創る
    創刊60周年記念うたごえ新聞まつり
    池辺晋一郎の"夢"を見てますか
    うたごえ新聞まつり記念トーク
    コーディネーター池辺氏とゲストのトークと池辺氏指揮コンサートでつくるうた新まつり≠ヘ全国12カ所で展開中。
    今号は、9月6日までの第1回〜第4回、☆東京(檀ふみさん・女優、森村誠一さん・作家)、
    ☆京都(西谷文和さん・フリージャーナリスト)、
    ☆長野・信越(大石芳野さん・フォトジャーナリスト)、
    ☆愛知(ナターシャ・グジーさん・歌手、バンドゥーラ奏者)のトークを一挙掲載。多彩なゲストと池辺氏とのお話は、読んでいるうちに、会場に参加しているよう。池辺氏のシャレ≠烽烽ソろん完全収録です!
  • うたごえ運動 創作活動の歴史と今求められるもの
    うたごえ創作活動 草創期の頃のこと
    藤本洋 木下そんき対談
    うたごえ運動の創作活動を歴史から見る企画。運動創立メンバー・中央合唱団一期生の藤本洋さんと、音楽センター芸術局時代から創作活動をリードされている作曲家木下そんきさんの対談です。運動初期の音楽センター作曲講座=A組曲「砂川」や歌劇「沖縄」のエピソード、そして今求められるうたは…。合唱発表会、オリジナルコンサートの前に必読の内容です。
  • 連載
        石黒真知子(詩人)、栗山文昭(合唱指揮者)

  • 日本のうたごえ祭典in愛知
    祭典開催の思い、この間のとりくみ
     舟橋幹雄(運営委員長)・藤村記一郎(企画委員長)
    祭典開催地の思い・この間の取り組みを、運営委員長から。各音楽会の見どころと企画意図を、企画委員長から。全国の、祭典参加運動を進める力にしましょう。
  • 楽譜紹介
    合唱構成劇「一番たいせつなのは…」より「こどもたちのあしたに」
    (金田一人志作詞、高畠賢補作詞・作曲)

1冊515円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.169の紹介


ライン


NO.169
季刊日本のうたごえ169号
  • 《座談会》被爆・戦後70年
    核兵器廃絶の世界へ うたごえ
    2015年NPT再検討会議・NYうたごえ代表団の活動 そしてこれから
    日本原水協の安井事務局長を迎えての座談会です。5月のNY行動を振り返り−うたごえ代表団の果たした役割−、8月の広島・長崎、これからへ。
    核兵器廃絶へ世界は動いている
    川田忠明(原水協常任理事)
    NPT再検討会議1日目、国際会議での川田さんの発言から。

  • うたごえ70周年へのロマンと展望
    田中嘉治(日本のうたごえ全国協議会会長)
    運動を豊かに発展させていくために。6月の全国活動者会議での会長の基調報告をもとに加筆。3年後に迎えるうたごえ運動創立70周年の節目へ向けて、運動を構築する視点を提示。
  • 連載
        石黒真知子(詩人)、栗山文昭(合唱指揮者)

  • 日本のうたごえ祭典in愛知
    祭典開催の思い、この間のとりくみ
     舟橋幹雄(運営委員長)・藤村記一郎(企画委員長)
    祭典開催地の思い・この間の取り組みを、運営委員長から。各音楽会の見どころと企画意図を、企画委員長から。全国の、祭典参加運動を進める力にしましょう。
  • 楽譜紹介
        「We shall Overcome」

1冊515円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.168の紹介


ライン


NO.168
季刊日本のうたごえ168号
生命のきずな、人間の尊厳を高らかに歌おう!
2015年日本のうたごえ全国協議会総会特集号
  • 総会記念講演
    「被爆・戦後70年を核で壊された発展方向を取り戻す契機に」
    澤田昭二(被爆者、物理学者、名古屋大学名誉教授)
    原水爆禁止日本協議会代表理事


    • 総会発言 一挙掲載

    • 連載
          石黒真知子(詩人)、栗山文昭(合唱指揮者)

    • 楽譜紹介
          「春の祝福」
          (石黒真知子作詞、武義和作曲)


1冊824円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.167の紹介


ライン


NO.167
季刊日本のうたごえ167号
震災復興を希って 2014みやぎ祭典から
被爆・戦後70年 2015年
  • 被爆・戦後70年 日本のうたごえ運動
    うたごえは「未知との遭遇」(ドラマ)を創る演出家(アーティスト)
    田中嘉治(日本のうたごえ全国協議会会長)

    • 「歌は生きている・歌を活かして社会を変える」
      伊藤千尋(ジャーナリスト)

    • 連載
          石黒真知子(詩人)、栗山文昭(合唱指揮者)

    • 2014日本のうたごえ祭典・合唱発表会
          演奏批評座談会、各部門総評、入賞団体他

    • 楽譜紹介
          「地球の九条 もしくは南極賛歌」
          (柴田鉄治作詞、池辺晋一郎作曲)


1冊515円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.166の紹介


ライン


NO.166
季刊日本のうたごえ166号
被災地の復興を希って
今 伝えたいこと そして「感謝と連帯」
2014日本のうたごえ祭典inみやぎへ
  • 2014日本のうたごえ祭典inみやぎ
    復興を希う音楽会へ 開催地から

    • 「3・11以降と音楽で表現するということ」
      木下そんき氏主催"うたごえの叢" 第5回
      音楽評論家・小村公次氏のお話から

    • 連載
          石黒真知子、小林康浩、栗山文昭

    • 寄稿
          「『斎太郎節』考」(まつながゆうじ)

    • 楽譜紹介
          「リメンバー」
          なかにし礼作詞、鈴木キサブロー作曲、金井信編曲 


1冊515円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.165の紹介


ライン


NO.165
季刊日本のうたごえ165号
今を歌う!
"うたごえ"に求められるもの
  • 和合亮一(詩人)
    「フクシマに生きる詩人として表現してきたこと」
    東日本創作講習会講習

  • 連載
        石黒真知子、小林康浩
  • 楽譜紹介
        交響曲「炎の歌」よりV「石」
        土井大助作詞、外山雄三作曲

1冊515円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.164の紹介


ライン


NO.164
NO.164案内
今号のご案内チラシ
各サークル・合唱団でご活用ください。

季刊日本のうたごえ164号
ひびけ「憲法の心」!
うたおう明日への希望!
2014年第47回日本のうたごえ全国協議会特集
  • 「知る権利と義務と−未来への責任−」
    樋口陽一氏に聞く
    (法学者、2014年日本のうたごえ祭典inみやぎ実行委員長)

  • 総会発言
    一挙掲載
  • 連載
        石黒真知子、小林康浩
  • 楽譜紹介
        「素晴らしき世界」
        作詩作曲 Rake、編曲 小林康浩

1冊824円(税込)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.163の紹介


ライン


NO.163
季刊日本のうたごえ163号
作曲家・池辺晋一郎氏に聞く/
65周年記念日本のうたごえ祭典・おおさかを終えて
  • 作曲家・池辺晋一郎氏に聞く
    「うたごえとの来し方、これから運動への期待」

  • 65周年記念日本のうたごえ祭典・おおさかを終えて
    祭典で得た財産とこれから 山本恵造祭典運営委員長
    合唱発表会演奏批評座談会
  • 連載
        石黒真知子、小林康浩、栗山文昭
  • 楽譜紹介
        混声合唱組曲「無言館」より「今」
        作詩 門倉さとし、作曲 長森かおる

1冊525円
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.162の紹介


ライン


NO.162
季刊日本のうたごえ162号
「すべてのいのち輝かせ 未来への希望をうたおう」
65周年記念日本のうたごえ祭典・おおさかへ
  • おおさか祭典へ
    ○渡辺武祭典実行委員長(元大阪城天守閣館長)
    ○「文化の花が咲いて活きる暮らし」
          祭典呼びかけ人・木津川計(「上方芸能」発行人)
    ○「祭典でめざしたもの。つくりあげたもの」
          山元恵造祭典運営委員長、ほか
  • 講演
    「65周年のいま、うたごえに求められていることは」
    浜島康弘(名古屋青年合唱団、元日本のうたごえ全国協議会幹事長)
  • 連載
        石黒真知子、小林康浩、栗山文昭
  • 楽譜紹介
        「海を 空を いのちを」
        作詩 函館トロイカ合唱団、作曲 函館トロイカ合唱団、さとうみどり、武義和

1冊525円
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.161の紹介


ライン


NO.1610
季刊日本のうたごえ161号
「生きる権利と文化」
  • シンポジウム
    3.11から2年、震災復興・原発ゼロへ"生きる権利と文化″
    −文化は復興にどんな力になってきたか
    三上満(子どもの権利・教育文化全国センター代表)
    笠井貴美代(新日本婦人の会会長)
    若松丈太郎(詩人、福島在住)
    田中嘉治(神戸市役所センター合唱団、日本のうたごえ全国協議会副会長)
  • うたごえネットワークを大きく、強く!
    全国組織建設活動者会議(5月25,26日、熱海)
    基調報告 うたごえ運動65周年から70周年に向って
    西恒人(日本のうたごえ全国協議会会長)、ほか
  • 連載
        石黒真知子、小林康浩
  • 楽譜紹介
        「いつも始まりのように」
        作詩 石黒真知子、作曲 原田義男

1冊525円
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.160の紹介


ライン


NO.160
季刊日本のうたごえ160号
「すべてのいのち輝かせて
      未来への希望をうたおう!」
2013年日本のうたごえ全国協議会総会特集号
  • 記念講演
    落合恵子(作家、クレヨンハウス主宰)
    3・11以降の私たち・・・鎮魂と抵抗と(要旨)
  • 総会全発言
  • 連載
        石黒真知子、小林康浩
  • 楽譜紹介
        「種子(たね)」
        作詩 高橋知子、作曲・補作詞 小林康浩

1冊824円
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.159の紹介


ライン


NO.159
季刊日本のうたごえ159号
演奏・創造を深めるために
  • うたごえ65周年
    全国から「歌の力」よせ合い
    希望・勇気湧き上がる祭典を
    西 恒人(日本のうたごえ全国協議会会長)
  • 2012年日本のうたごえ全国交流会in広島 合唱発表会
    演奏批評座談会「豊かな演奏を届けるために 表現力 スキル」
    小村公次(音楽評論家)他各部門審査委員会
    総評、入賞団体、審査結果
  • 連載
        石黒真知子(詩人)の出たとこ勝負(ポエム&エッセイ)35回
        小林康浩(作曲家)の「なんでもありっすか?」33回
  • 楽譜紹介
        「福島からあなたへ
        9.19さよなら原発5万人集会 武藤類子さんのスピーチより」
        編詞・作曲 高畠 賢/編曲 武義和

1冊515円
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.158の紹介


ライン


NO.158
季刊日本のうたごえ158号
  • 震災復興と教育・文化
    シンポジウム「被災地で教育の再生をどう進めるか」
    被災地の教師による震災の現状と教育実践・文化
    2012全国教育のうたごえ交流会inみやぎ、より
  • 「うたごえ音楽創造と音楽批評を考える」
    小村公次(音楽評論家)

  • 連載
        石黒真知子(詩人)の出たとこ勝負(ポエム&エッセイ)34回
        小林康浩(作曲家)の「なんでもありっすか?」32回
        栗山文昭(合唱指導者)の「音楽の樹から」18回

  • 楽譜紹介
        合唱構成「海の軌跡」より
        序章「わが若狭よ」
        5章「いとし子よ」

1冊515円
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.157の紹介


ライン


NO.157
季刊日本のうたごえ157号
  • 地球を活かす 市民が創る自然エネルギー
     ジャーナリスト 伊東千尋さんに聞く

  • 沖縄から 安保条約60年・沖縄返還40年に
        伊波洋一さん(元宜野湾市長)

  • 青年のうたごえ特集
    佐藤大介(京都)、加藤優一(宮城)、和賀達郎(愛知)

  • 連載
        石黒真知子(詩人)の出たとこ勝負(ポエム&エッセイ)33回
        小林康浩(作曲家)の「なんでもありっすか?」31回

  • 座談会 音楽・運動が輝く力
       2012年東西合唱講習会、指揮・合唱指導講演会を終えて

  • 楽譜紹介
        「底力のタンゴ」
        (作詞・作曲 今 正秀・補作 たかだりゅうじ)
(お詫び)
石黒真知子さんの詩「ふるさと」に欠落部分が
ありました。全文は下記の通りです。

  ふるさとは 原発から
  10q セシウムの半
  減期は30年 僕は今
  六五歳 帰るのは あ
  きらめました

地域交流会のステージに立つ
ササキさん

  子どもたちの 椅子も
  机もよく修理しました
  大工の校長さんと 呼
  ばれて

ササキさんの表情が ほどける
アンコールの拍手に
アルトサックスを持ち直し
三曲きりのレパートリーを
全て披露してしまったので
二度目の マイ・ウェイ

ササキさんの ふるさとの桜を
昨日 テレビニュースで見た
避難している住民に
満開の桜を届けたい
マスコミだけが 立ち入りを許可され
白装束の防護服たちが
桜にカメラを向けていた

置き去りにされたふるさとは
静かで 美しい
雲ひとつない空
花霞のなかでさえずるメジロ
ササキさんのサックスが
桜のトンネルを 流れていく

1冊515円
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

「季刊日本のうたごえ」NO.156の紹介


ライン


NO.156«  全国総会特集号 »
この号だけのご注文を承ります。
お申込用紙はこちらから(ExcelPDF)
季刊日本のうたごえ156号
  • 2012年日本のうたごえ全国協議会総会特集号
     「心つなぎ、いのち輝かせて
       歌おう 希望の歌を!」
  • 記念講演 伊東達也
        (原発問題住民運動全国連絡センター 筆頭代表委員)
        「原発震災の地 福島からの訴え
        −きれいな里山を返せ、きれいな海を返せ、
        当たり前の労働を返せ、普通の暮らしを返せ−」

        うたごえ新聞3月12日付で紹介されました、伊東達也氏の記念講演。
        その全文が掲載されます。
        記事を読んでご記憶に残っている方も多いはず。
        紙面の都合上、あの記事でお伝えしきれなかった話がいっぱいあるのです。
        原発問題を考える上で、必読です!

    ●総会全発言
        運動のヒントが満載。岩手、宮城、福島の被災3県からの発言をはじめ、
        32人の総会当日の発言に加え18件の文書発言も一挙掲載。
        これからの運動の糧となる宝物です。運動の力に。

    ●連載
        石黒真知子(詩人)の出たとこ勝負(ポエム&エッセイ)32回
        小林康浩(作曲家)の「なんでもありっすか?」30回

    ●楽譜紹介
        「Home」
        (作詞・作曲 H.kondo)
        この季刊のために合唱編曲を書き下ろしていただきました。

1冊824円
本号では、定期購読以外に670部の特別注文が入りました。
この号だけの注文も受け付けておりますので読んでみようかなと思った方、
急いでご注文下さい。
お申込用紙はこちらから(ExcelPDF)


発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン

−在庫僅少!− 「季刊日本のうたごえ」NO.155の紹介


2012年全国合唱交流会in広島に向けた準備に必携!
ライン


NO.155«  原発ゼロの社会へ »    NO.155別冊«  全国合唱発表会講評集 »
季刊155号
  • "原発ゼロ野社会へ"歌づくり
     応募詞の選考会より
     「現実を掴み、方向性への視点と表現
  • 2011年日本のうたごえ祭典inちば を終えて
    ○「1人から1人へつなぎ広げる姿に励まされて」
        小林光(大音楽会 演出チーム責任者)
    ○「つながった青年のエネルギー、その背景」
    ○合唱発表会演奏批評座談会
     ●連載
      石黒真知子(詩人)の出たとこ勝負(ポエム&エッセイ)31回
      小林康浩(作曲家)の「なんでもありっすか?」29回
      栗山文昭(合唱指揮者)「音楽の樹」17回
     ●楽譜紹介
      「今・・・(東日本大震災からの復興を願って)」
        (山下健吾作詞、Adolph Adam作曲、岩本達明合唱編曲)
      「星よお前は」(荒木栄詞・曲、外山雄三伴奏編曲)

1冊 515円
(別冊 全国合唱発表会講評集 込み)
発行 日本のうたごえ全国協議会

Δ このページの上部へ

ライン


季刊「日本のうたごえ」バックナンバー

ここにのっている以前の号もございます。

ご注文 • お問い合わせほか、詳しくはこちらから « E − mail » にてお問い合わせ下さい。

【目次の一覧】

2017

NO.175

2016

NO.171 NO.172 NO.173 NO.174

2015

NO.167 NO.168 NO.169 NO.170
NO.167 «みやぎ祭典を終えて » NO.168 «2015年全国総会特集号 » NO.169 «被爆・戦後70年» NO.170 «?文化は歴史と人を創る»

2014

NO.163 NO.164 NO.165 NO.166
NO.163 «おおさか祭典を終えて » NO.164 «2014年全国総会特集号 » NO.165 «今をうたう» NO.166 «みやぎ祭典へ»

2013

NO.159 NO.160 NO.161 NO.162
NO.169 «演奏・創造を深めるために » NO.160 «2013年全国総会特集号 » NO.161 «生きる権利と文化» NO.162 «震災復興と教育文化»

2012年

NO.155 NO.156 NO.157 NO.158
NO.155 «原発ゼロの社会へ 歌づくり » NO.156 «2012年全国総会特集号 » NO.157 «地球を活かす» NO.158 «震災復興と教育文化»

2011年

NO.151 NO.152 NO.153 NO.154
NO.151 «青年のうたごえ座談会 » NO.152 « 2011年日本のうたごえ全国協議会総会 » NO.153 «平和特集 » NO.154 «東日本大震災復興へのうた »

2010年

NO.147 NO.148 NO.149 NO.150
NO.147 « 平和 • 協同を探る » NO.148 « 憲法の平和共存権出番の2010年 » NO.149 « 核兵器のない世界へ » NO.150 « 日本のうたごえ祭典in長崎 »

2009年

NO.146 NO.145 NO.144 NO.143
NO.146 « 2009年日本のうたごえ祭典 • 京都 » NO.145 « 平和と音楽、うたごえ » NO.144 « 2009年<第42回>日本のうたごえ全国協議会総会 特集号 » NO.143 « 働き • 生きる希望 心つなぐ歌を »

2008年

NO.142 NO.141 NO.140 NO.139
NO.142«  » NO.141«  » NO.140« 憲法の心をうたい、輝かせ、新しい地球づくりを 2008年第41回日本のうたごえ全国協議会総会特集号 » NO.139« 2007年日本のうたごえ祭典in奈良〜そして、2008年 運動創立60周年へ〜 »

2007年

NO.135 NO.136 NO.137 NO.138
NO.135 «うたごえ運動60周年へ» NO.136 «憲法9条を生かし、いのち輝く地球を» NO.137 «憲法九条をまもり • いかすために» NO.138 «2007年 日本のうたごえ祭典in奈良 うたがき祭典へ»
チラシ PDF Excel

Δ このページの上部へ