当サイトへの
リンクバナー
としてご利用ください。




TOP

「うたごえ新聞」とは
紙面構成

うたごえ新聞によせて
池辺晋一郎
きたがわてつ
太田真季
日下部吉彦
編集長から



連載1202回
伊澤蘭奢という女優


8/17-31


野ばら

藤井棋聖誕生「探求」
舟橋幹雄
(日本のうたごえ全国協議会
副会長)


(63)一泊80万円!


「俺たちのシルクロード」
齊藤知裕さん
(国鉄広島ナッパーズ)


小村公次
(80)武久源造リサイタルを聴く


パロ・アルト~ザ・ロスト・コンサート・セロニアス・モンク


集まれば元気
原詩 林まなみ
作詞 愛知教職員合唱団きぼう
作曲 藤村記一郎
試聴はこちらから
(作者演奏)


楽譜集紹介
「いのちのソナタ」





愛知・桜井久美子


被爆75周年に向けた創作活動、6人のうたごえ作曲家のオムニバス「風の音符たち」
・いちばん星
    (斉藤清巳)
・NoNukes 手をつなごう
    (園田鉄美)
・もしあなたがここにいれば
    (高畠賢)
・生存の叫び
    (たかだりゅうじ)
・いつか世界は
    (藤村記一郎)
・たいせつなこと
    (安広真理)
絶賛発売中
価格 909円+税
試聴サイトを公開しました。


絶賛発売中
頒価1200円
申込書は上をクリック


2020年
メーデー歌集

うたごえ新聞保存版
2018年版(DVD)

受付スタート
お申し込みは

こちらから
今年もDVD版先行発送



季刊「日本のうたごえ」
全国総会方針など
楽譜「鳥の歌~パブロカザルスへの返歌」
価格 515円


2020年8月17日号
気候危機!子どもたちが地球を救う
4年前の本紙4月4日号、えひめ祭典の前にご登場いただいた堤江実さん。
お久しぶりです。

今回は、首題のタイトルの新著が上梓されましたので、そのご紹介。

内容はずばり環境問題。
私たちうたごえがこれまで取り組んできた「環境問題」というと、「辺野古の海」のサンゴやジュゴンをまもろうというものが多かったですね。また、環境負荷から原発問題を捉えるということも多かったと思います。

今回は気象問題。
こちらはスエーデンの17歳の学生グレタ・トウンベリさん。
二酸化炭素排出を抑えるために飛行機に乗らない、肉は食べないなど徹底した取り組みをおこなっています。

さらにセヴァン・スズキさんが1992年、12歳の時に世界をうならせた演説など、いま若い世代の発言が注目されています。
これが「子どもたちが地球を救う」というタイトルの所以です。

ところで、私たちうたごえでは「環境問題」のとりくみについてどれくらい進んでいるのでしょうか。
創作センターでは、皆さんからの応募作品の「テーマ分類」に「環境」カテゴリーを設け、この問題をより進めていこうとしています。

今号4~5面でご紹介するのは、永(なが)ひろこさん。
愛知県内で大学の先生、豊田市少年少女合唱団など児童からシニアまで8団体の合唱指導、ヴォイストレーニングを務めておられます。

本紙登場のきっかけは、藤村記一郎さんからのご紹介。
NHK全国学校音楽コンクールの審査委員会でご一緒になって知り合ったとのこと。
永さんの寄稿の中で、目を引く部分は、やはりコロナ禍での練習をどうするか、という点になります。

7月からの練習再開にあたっての注意事項は、みなさんにも参考になると思います。
今回、子どもの合唱団、大人の合唱団、大学での取り組みを形態別にご紹介。
でも、問題はシニア世代の合唱団が、そうすんなりとはいかないというのが、悩みどころはいずこも同じですね。

2020年高麗博物館企画展示を見る
今週の8面、第二特集は、高麗博物館にスポットを当てております。2020年6月24日から企画展示を行っております。
この高麗博物館というのは、市民がつくる日本・コリア交流の歴史博物館ということで、実は、日本のうたごえ全国協議会のある東京・新大久保にあります。
といっても、何しろ都内でもダントツのコロナ感染が広がっている新宿区ですが、職安通りという広い道路に面したところです。
企画展の内容を運営するNPO法人の事務局でお話を伺いました。
歴史を伝えるということ、企画展は年内やっていますので、この機会に是非、高麗博物館へ。
今回の企画展示は「ハンセン病と朝鮮人」~差別を生き抜いて~というタイトルです。
同館は1990年から準備をはじめ、2001年に開館。
展示のほか、講座、講演会、コンサート、ハングル講座などを行っています。

北海道⇒東京コース
(本州中央南下コース)


当地でも「歌はなし」といわれる地域が多かったですが、新座市とさいたま市北区の集会では「歌のリードを」という要請を受けました。
(太平洋側コース)
行徳

千葉県内網の目行進で、合唱団プリマベラが行徳駅・南行徳駅前でスタンディング。


さらに東京への引継ぎ地点である市川市でも1時間の行動は「青い空は」でスタート。
(日本海側コース)


今年の7月は雨が多かったですね。
それにも負けず準備をすすめていると、本番は晴れに!
調布狛江合唱団では、世界大会オンラインでの「「ねがい」演奏に、「ねがい」のほか「折り鶴」で参加しています。
世田谷

東京は、5月6日に東京→広島コースの出発で、全体の幕開けをしますが、都内全域を回るのはこの北海道からのコースになります。


そのコースも7月27日、上野で無事終結しました。
上野区民館で、マスクしているからよくわかりませんけど、多分若いパワーがさく裂しているのでしょうね。
お疲れさまでした。

ひろしま祭典実行委員会の各委員会はコロナ禍で開店休業。でも、事業委員会だけは、来年開催予定の祭典本番に向けて活発な活動を続けております。

祭典グッズの詳しいご紹介は、祭典ホームページでもどうぞ。
本欄では、事業委員長の山広成美さんのご紹介が面白いです。
へ~っ、こんな方が陣頭指揮をされているのか!と思った方、ぜひ、この時期評判のTシャツをいかがでしょうか。

皆さんの合唱団では、練習に参加できないメンバーへのフォローはどうされてますか?

今号本欄にご登場の仙台・若星Z☆の宮本麻衣子さんのところでは、若者らしい欠席者へのフォローをしています。
おじさんサークルではなかなかまねできないフォローです。
えっ、どんなフォローかって?本紙3面でお読みください。

  • ステイからゴーツーいのち後回し
              山下佳子
  • そのまんまお隠れしますか安倍総理
              老ガイ
  • ウイルスに世界は一つを教えられ
              森川末之
皆さんからの投稿をおまちしております。

新しい演奏スタイルで 本紙新読者を迎えよう


全国協・創作センターにも多数、自作曲を登録されている箱崎作次さん(三多摩青年合唱団)は、伴奏CDを創って、街頭宣伝行動に歌を添えてます。
その結果、本紙読者を新たにに獲得すること、すでに20人以上(2月の総会以降)
素晴らしいご活躍です。

詳細は同じ6面の「ひろがれ」コーナーでもご紹介しております。


金曜日行動で、本紙の「川柳」で紹介された「不要不急辺野古原発消費税」をつかって告知タイム。
そのこともあり、新読者をお迎えしました。

合言葉から創作曲
今週の紹介曲「集まれば元気」は、高等学校教職員組合女性部の合言葉から創作したもの。

確かにこのコロナ禍で集まって元気になりたいですね。

創作のよびかけ
戦争法廃止 改憲許さない うたづくりキャンペーン
応募曲はこちらから

応募曲 59曲 2019年1月15日現在

【発表方法】
寄せられた曲の中から、「紹介曲」としてうたごえ新聞紙上で随時掲載、紹介し、広げます。
送られた作品、音源は可能な限り、日本のうたごえホームページで紹介してゆきます。

【応募要項】
この間に創られた曲、詩、替え歌など(音源もあれば)、至急事務局あてにお送りください。
但し、替え歌については、元歌が民謡や著作権にかかわらないものに限り掲載します。

【送り先
「戦争法廃止・改憲を許さない」歌づくり事務局
FAX 03-3200-0193
e-mail info@utagoe.gr.jp


みなさんのお友達をご紹介ください。


神戸では、読者が増えると記念の花が咲きます

お申し込みは、お近くの合唱団
または
当サイトの購読申し込みページから

新しいチラシも出来上がりました。
うた新拡大にご活用ください。


70周年記念全国合唱発表会
ステージ写真販売のお知らせ      
合唱発表会、オリジナルコンサート…1枚1080円、2枚目以上@900円
(キャビネ版・文字入り送料別途、定形外郵便)
大音楽会・特別音楽会・大うたう会…………1枚500円
ステージ名や枚数など、うたごえ新聞社までご相談ください。
お申し込みはこちらから



当サイトの記事・写真・データなどの無断コピー、
ダウンロード、転用は固くお断りいたします。

▲このページの上部へ

c2506 うたご新聞