三輪編集長ブログ
更新:2016年10月13日



当サイトへの
リンクバナー
としてご利用ください。




TOP

「うたごえ新聞」とは
紙面構成

うたごえ新聞によせて
池辺晋一郎
きたがわてつ
太田真季
日下部吉彦
編集長から



連載1162回
落語に学ぶ


9/25~10/1


思い出のグリーングラス

笑いの発掘
田中嘉治
(日本のうたごえ全国協議会
会長)


(27)1千万円の使い道


「おくれ雁」
加藤栄子
(宮城年金者合唱団花の輪)


竹内まりやデビュー40周年「Turntable」


"日本の孫"徳永ゆうき


ハマザンゴの歌
「辺野古の海」
原詩 沖 土介
編詩・作曲 鬼崎良弘
演奏試聴はこちら



働くすべての人へのエール
国鉄のうたごえベストアルバム
「大いなる一つの道へ」
田畑つる子(長野合唱団)


愛知・渡辺直子さん


絶賛発売中
頒価1200円
申込書は上をクリック


2019年
メーデー歌集

うたごえ新聞保存版
2018年版(DVD)

受付スタート
お申し込みは

こちらから
今年もDVD版先行発送



季刊「日本のうたごえ」
核兵器のない世界へ扉をひらこう
楽譜「広島旅行」
価格 515円


季刊
日本のうたごえ

155号

原発ゼロ社会へ
原発ゼロ入選曲
こちらから
風よ ふるさとよ
 作詞  きむらいずみ
 作曲 安広真理

決意
 作詞 高畠 賢
 作曲 武 義和

生命(いのちのふるさとを
 作詞 石原いっき
 作曲 高畠 賢

原発はいらない
 作詞 瀬原徹郎
 作曲 藤村記一郎

きれーにしてね ニャオ!「原発ゼロ」生きものパレードのうた
 作詞 長 あさお
 作曲 藤村記一郎

好評発売中!
うたごえ名曲集

浜島康弘
共に生きる町
12月1日発売

山本忠生
歌わずにいられない

木下そんき
ふるさとの風

檀上さわえ
美しき祖国のために

守屋博之
いつも始まりのように

2019年9月23日号

沖縄平和委員会 大久保康裕さんに聞く
今号の1面は、半年ぶりの辺野古を取り上げました。
2月に県民投票を行い、圧倒的支持率で辺野古基地「NO」を民意とした沖縄。
しかし、その直後から埋め立てを続行しているのはご存知の通り。

そういえば、先週のうたごえ川柳に
「見ざる窮状聞かざる民意言わざる真実」(彦爺)
というのがありましたね。
この川柳は、まさにアベ政権をうまく言い表してますが、なんとも情けない話。

今回の1面特集では、沖縄平和委員会の大久保さんにそんな中でも闘い続けている現状を伺いました。
ただショックなお話は、これまで闘いの原動力だった「オール沖縄」が一枚岩ではなくなってきているという点。

しかし、41市町村長全てが署名した建白書が「オール沖縄」のベースであり、これに基づいて現地での闘いは続いています。
この11月に沖縄のうたごえ祭典が、またそのあとには日本平和大会が沖縄で開催されます。平和委員会では、70周年祭典での基地のステージをぜひ再現させたいと意気込んでいます。
文化としてのうたごえが運動の推進力になるといいですね。

各地の平和音楽祭・ぞうれっしゃ特集


大垣で「ぞうれっしゃが走って70周年」対応のイベント。
その内容が大掛かりでびっくり!
創立57年という大垣少年少女合唱団を迎え、同団のOB・OGが一役かってます。
さらに、国際交流の話も加わり大盛況の9月1日公演だったそうです。
4面



こちらのぞうの演奏はパネルシアターを使ったもの。
実はパネルシアター知りませんでした。
調べてみたら、「紫金草物語」でもすでにこの手法がつかわれているようですね。


第9回平和音楽祭でうたごえサークルざざむしは「平和の旅へ」に取り組みました。



川口さんあちらこちらで引っ張りだこですね。
そういえは、祭典HPの「パフォーマンス広場」のページに、京都でも川口さんのステージが見れるようですね。



きどっちの京都の町観光⑥
京都府の北、日本海に面した丹後を紹介しています。
あちらの方というと、天橋立が思い出されますが、いろいろ観光名所があるんです。4面で11月の旅行計画の参考に。

石木ダム強制土地接収を許さない


これまでも、大西進さんの創作曲「川原(こうばる)のうた」を通して、石木ダムについて語ってきました。
長崎県佐世保市の大きな二級河川川棚川の支流で川幅も2~6mしかない小さな石木川にダムを建設しようという計画は、57年前のもの。
美しい自然を破壊してすすめられているこの計画はまさに昭和的発想そのもの。

当時、佐世保市民の水源確保と、川棚川の洪水防止が目的となっていました。
しかし、その後、佐世保市人口は減少しており、水の確保は十分。
近年、大雨による大水害が発生していますが、専門家も「河道整備」で十分といっているのに。
この半世紀にわたる反対運動に対して、、今年、国土交通省は水源地域対策特別措置法という強制土地接収に乗り出しており、これを食い止める運動が進んでいます。

日本母親大会in静岡
今年の日本母親大会は8/24-25に静岡で開催されました。
恒例のオプション企画の「うたごえタイム」には川口真由美さんをゲストに迎えた1時間半。
残念ながら毎年開催ではないですが、これまでもきたがわてつちゃん、原やんをお呼びしたうたごえタイムが開催されてました。
来年も「うたごえタイム」ぜひ設けてほしいですね。

この発信も第5回。
今回は、仙台合唱団若星Z☆の加藤さん。
そして、入団2年目の下川さんが青年グループでの活動のすばらしさを語ってくれています。
(3面)
最近の青年層は残業で追われて時間が取れない、という話をよく聞きます。でも18時ごろの駅前は多くの勤め人が帰宅を急いでいます。この人たちのなかにきっと次代を担う青年がいるのでしょうね。

  • シンゾウに心なしトランプにハートなし
              遠藤 譲
  • カネとムチ必須アイテムアベ一族
              彦爺
  • 不自由展むらむらコンビのメッキ剥げ
              アモーレとラッセル
皆さんからの投稿をおまちしております。

大阪・読者拡大を語る会
大阪のうたごえでは、「うた新読者拡大を語る会」を開きました。
この写真に写っていない3人(一人はカメラマン)を加えて11人で「「なぜ」「どうやって」本紙を拡大するのか、討論いただきました。
6面HotLineで皆さんの地元での本紙拡大へのヒントをつかんでください。



高槻うたごえサークルひばりが開催する年金者組合の大うたごえ喫茶。
どんな曲が歌われたか、どんなプログラムだったのか、など6面をご参照ください。

第15回兵庫和太鼓と民舞のまつり
兵庫のうたごえ協議会では、
県のうたごえ祭典と
和太鼓と民舞のまつり
を隔年開催しています。

今年は、和太鼓の番で、「和太鼓や民舞の郷土芸能を継承・発展させる活動」と位置づけで取り組んでいます。
合唱のほうでも、ぞうれっしゃなど親子三代での取り組みがありますが、郷土でも、地域の子どもたちの舞台を設けるなど、世代間交流の場にもなっているのですね。
うたごえの方は、全般的に高齢化がすすんでいますが、この参加者全員の集合写真をみるかぎり、若い世代が大半を占めているのはうれしい話です。
もっとも、太鼓は体力も必要でしょうけど。

7面で詳しくお読みください。

創作のよびかけ
戦争法廃止 改憲許さない うたづくりキャンペーン
応募曲はこちらから

応募曲 59曲 2019年1月15日現在

【発表方法】
寄せられた曲の中から、「紹介曲」としてうたごえ新聞紙上で随時掲載、紹介し、広げます。
送られた作品、音源は可能な限り、日本のうたごえホームページで紹介してゆきます。

【応募要項】
この間に創られた曲、詩、替え歌など(音源もあれば)、至急事務局あてにお送りください。
但し、替え歌については、元歌が民謡や著作権にかかわらないものに限り掲載します。

【送り先
「戦争法廃止・改憲を許さない」歌づくり事務局
FAX 03-3200-0193
e-mail info@utagoe.gr.jp


みなさんのお友達をご紹介ください。


神戸では、読者が増えると記念の花が咲きます

お申し込みは、お近くの合唱団
または
当サイトの購読申し込みページから

新しいチラシも出来上がりました。
うた新拡大にご活用ください。


70周年記念全国合唱発表会
ステージ写真販売のお知らせ      
合唱発表会、オリジナルコンサート…1枚1080円、2枚目以上@900円
(キャビネ版・文字入り送料別途、定形外郵便)
大音楽会・特別音楽会・大うたう会…………1枚500円
ステージ名や枚数など、うたごえ新聞社までご相談ください。
お申し込みはこちらから



当サイトの記事・写真・データなどの無断コピー、
ダウンロード、転用は固くお断りいたします。

▲このページの上部へ

c2506 うたご新聞